女と付き合う めんどくさい心理 対処法

女と付き合うのが めんどくさい心理!

スポンサーリンク

自分を押さえて、女性に合わせる
自由な時間がなくなる
したいことがなくなる
お金がかかる
女性に振り回されるのが嫌だ
デートのプランを考えるのが嫌だ
気を使うのが嫌だ
”女性との付き合いが・・・”
男性の30-40%近くは、女性と付き合うのがめんどくさいと考えています。
なぜ、このように女性と付き合うことをめんどくさいと感がているのかというと、過去に付き合うことで自分の中で女性との同じ時間での楽しい出来事が消化出来ず、心の中に引っかかっているからです。
具体的には、自分の感情や意見を押さえていて、女性の意見・行動に合わせることがめんどくさいなってしまった結果になります
デートのスケジュール、行き先を女性の意見を最優先で考えて決定したりすることはよくあります。
でも、これは女性の存在のみ原因でなく、男性の女性への意見の聞き方に問題がある事も事実となっています。
よくデートで女性に「何食べたい?、どこへ行きたい」など、女性に意見を聞く事がありますが、男性は女性の気持ちを大事にしたいのでしょうが実はこれって女性の依存になっています。
男性も女性の希望が自分と異なる場合はモヤモヤが残り、女性からするとしっかりしてよ・・との気持ちが残り、そのうちにお互いにめんどくさくなってきます。
”自分の時間が・・・”

スポンサーリンク

男性は女性と付き合いで、自分の自由になる時間を作ることが出来なくなり、独りの時間を欲しくなったりします。
確かに、付き合うことが自分の時間を取られるのは、付き合いが多くなればなるほど自分の時間はなくなるのは当然です。
付き合いで、女性との時間が楽しい出来事のはずなのですが、自分の時間を作りたいと思う場合があります。
女性とのデートよりも自分の時間を優先?、自分の時間がほしい、独りが楽、の考えで、独りの自由になる時間が大きなるに連れて、独りが楽にとの考えが始まります。
”気を使うのが・・・”
男性も女性も互いに気を使いながらの付き合い初め、当初は色々と相手の気持ちを優先しての会話、行動になります。
これは誰しも同じで、最初のうちは特にで、時間が経てば気持ち減りのが普通ですが、ず〜と気を使いすぎる傾向はの男性は、次第に疲れて本当の気持ちをいう機会を失います。
そうすることで、付き合いが重荷になり付き合いが楽しくなくなる。
”めんどくさい女と付き合いがある・・・”
以前に「めんどくさい女」「ツンデレ女」「振り回される女」との付き合いがあり、否定的な考えに女性、自分の意見のない女性との付き合いがあることがトラウマになり、付き合い自体がめんどくさいと思えるようになる。
付き合いがめんどくさいと思っているのは、実は自分が作り出していることに気づいてますか。
女性にお金を使いことがもったいない。
独りの時間がほしい。
女性に気を使うのが、疲れる。
縛られる。
これって、自分が楽しくないために女性の問題にしているような気がしませんか。

きっと楽しければ、このような考えには至らなとおもいます。
もっと素直に女性に向かって行くことが、解決の近道ではないでしょうか。
逆に考えれば、自分以外は全て他人です。
気も使えば、合わないこともあるのは当然で、女性との距離を縮める事が人との接し方で楽しみの一つです。
是非とも、良い人付き合いが出来る事を祈っています。

スポンサーリンク