恋愛不安、めんどくさい 心理 対処法

恋愛で、不安にならない方法!

スポンサーリンク

恋愛が不安になり、どうしょうもなくなり、恋愛がめんどくなってしまうことあります。
相手が自分をどのように思っているか、自分と考え方が違うのかなど不安が不安を呼び答えが見つけれれないまま、暗闇に入っているようなものです。
「相手への思い」
自分の思いの尺度、考え方で相手の人を理解しようとしていませんか。
自分がこれほど相手の人を思い、こうなりたいとの思いが自分だったら・・・と道を作っていたとします。
このような場合など、相手の人の性格ななどにより考え方が変わるのに、そこに気づかずに自分の考え方を優先に考えてします。そうすると、いのまにか自分が中心の考え方になります。
逆に、自分の考え方がなく相手の考え方を主にした場合などは、依存性が高くなりすぎてしまい、自分の考え方とズレが生じた場合などは不安・不信感を呼び起こします。
上記のように、相手に対して自分の考え方が強い場合は相手と非依存の形になり、相手に合わせし過ぎると相手依存のように、共通の考え方が交わらないので、常に空回りして不安の中で動く形になります。
どうするか。
まず自分に自身を持って構えることです。

スポンサーリンク

自分基準の場合には、相手に自分の考えを話してみます。
そうすることで、お互いの考え方が整理でき不安から解消され、相手の思っていることが判断できます。
依存し過ぎる場合でも、待っている依存型の場合も同様に相手に考え方がを聞いてみることをします。
こうすることで、相手の思っていることがわかれば不安も解消できますし、
”相手の考え方の癖も知ることができます。”
「男と女、脳の考え方の違い」
男性は平面的なものの捉え方をし、女性は立体的なものの捉え方をするといわれます。
男性は直感的で平面的な思考が多く、デートの時でも女性の顔などの一面をみて判断をしてしまう傾向があり、女性の顔を見ていても部分的なところしか見ていないために、女性がいつもと違う髪型をしていたり、化粧をいつもと違うようにしていても気づいてもくれないということを聞きます。
これが男性の脳の思考傾向としてある平面的しか見れていない例になります。
逆に、女性は立体的な思考があるために、男性を上から下までまず見て、その中から気になることがあれば脳で違いを捉えます。
このように男性と女性は、性別的に考え方の傾向に違いがありますので、違いを理解すておくことも不安を解消できます。
女性は、今回の為にいつもと違う自分を見てもらいたいと頑張っているのに、男性が気づいてくれない、関心がない・・・・
などのジレンマにならなくてよくなります。
例えば、男性に今日の違いを気づかせる質問をして上げると、嫌味なく意見を述べることができます。
”性別の違いで捉え方が違うことを理解すると不安が解消できます。”
不安は不安を呼び、不安は自分の中で渦巻いています。

スポンサーリンク