A型 めんどくさいline 傾向 対処法

A型の傾向 めんどくさいlineの対処法

スポンサーリンク

血液型で行われる性格判断から言いますと、昔からA型というものはよく、「生真面目で神経質」という傾向にあるという特徴が取り上げられています。
そしてそうした傾向は、メール等にも見られたりします。
最近は連絡手段としましては、メジャーとも言えるlineでも、そうしたA型からは、いわゆる「めんどくさいline」というものが、よくあるようです。
これは受ける側によって評価は異なりますが、原則としましてA型は、「理屈屋なので、その内容がくどい傾向にある」とされているのが、その理由のようです。
確かに何かにつけて、妙なところでこだわったり、変に揚げ足を取られたりすれば、「めんどくさいline」と言われても仕方ないですし、受ける方としましては、そういうものには対処法が欲しくなります。
しかしそういうものが、A型の相手の天然でされているのでしたら、そうした「めんどくさいline」への対処法というものは、あるのでしょうか。
これはA型の性格の傾向をうまく利用すれば可能です。
ではそのような「めんどくさいline」の対処法とは、どのようなものがいいのでしょうか。
A型が理屈屋で妙なところにこだわるというのは、あくまでも傾向に過ぎませんが、もしそんな知り合いが「めんどくさいline」をして来るようでしたら、多少は有効と言える対処法があります。

スポンサーリンク

それはlineの特徴である、「未読・既読が相手にわかる」という点を注意して、すぐに返事ができないようでしたら、「未読のままにしておく」というものです。
A型の性格的傾向としましては、lineが既読なのに返事がないという事は、少々勘に触るものです。
ですから今の流れで、もし相手が「めんどくさいline」を送って来る事が予想できるのであれば、あえて無視して、「どうしても忙しくて、lineを見ている暇がなかった」という事にするのです。
緊急の仕事が入ったとか、そういう理由をあげてそう言えば、返事がすぐにできないという事にも、正当な理由となりますし、文句も言われる事はありません。
むしろA型の傾向としましては、そういう理由でしたら、「それなら仕方ない」と、それ以上はもめないものです。
もちろん毎回使っていれば、いい加減怪しまれますが、時々なら「めんどくさいline」への対処法としましては、かなり使える方法です。
そんな対処法は他にも、「スマホが故障した」、「紛失した」といったものがあります。
要は、「自分ではどうにもならないどうしようもない理由」を対処法として使えばいいわけです。

スポンサーリンク