女性 ライン めんどくさい 対処法

女性からきためんどくさいラインの対処法

スポンサーリンク

連絡を取る手段として最も選ばれるライン。
既読機能のおかげで相手にちゃんと伝わっていることが一目で分かったり、種類の豊富なスタンプで文字では伝わらない感情もアピールすることが出来ます。
そんな便利なラインですが、すぐにレスポンスができるがためにめんどくさいラインに巻き込まれることもあります。
今回は、女性からきためんどくさいラインの対処法についてお話します。
・既読無視をしたと怒る女性ラインで一番多い問題としてよく挙げられる『既読無視』。
既読無視に関するスタンプがたくさん発売されるほど関心は高まっています。
意図してする既読無視は、するのもされるのも気持ちが良いものではないですが、知らない間に既読無視をしたと責められるのもつらくまためんどくさいものです。
対処法としては2つあります。
まず一つ目は女性の話が終わっていないことに気付くこと。
よくテレビでも取り上げられる男性脳と女性脳の違いとして、『男性は話を解決させる』、『女性は話を共感する』特徴があります。
男性としては根本的な解決方法が見つかり話が終わったと思っていても、女性からするとまだ話足りていないこともあるのです。
対処法としては、ハッキリと言葉で他に喋りたいことがあるか聞くことです。
それもめんどくさいと感じるときは適当な理由をつけて今は構えないことを伝えるとお互いに時間を無駄にしないでしょう。

スポンサーリンク

次に二つ目は、お互いに話が終わったと認識しているにも関わらず既読無視といわれる場合の対処法です。
この場合は、既読無視と言われるほどではなくても、機嫌が悪くなったりするなどめんどくさいことも多いです。
女性は気になる相手の気が常に自分に向いてるか不安になることがあります。
これは女性が男性一人だけの子孫を残すことに対して男性は多くの子孫を残す傾向があった本能に由来します。
構ってほしいわけではなく、気を遣ってもらいたいわけでもなく、大切にされているという実感がほしいことが多いです。
男性からしてみると常日頃から大切に想い行動されていると思いますが、女性はその場の雰囲気を大切にします。
二人の会話が盛り上がっていても最後の後味が悪いと印象が違います。
相手に印象良く残るための対処法としてラインには便利なスタンプがあります。
このスタンプは無料で配布もされており、可愛らしい絵柄から有名人や会社のスタンプまで豊富にあり、スタンプの取得に困ることはありません。
スタンプの中で『バイバイ』や『さよなら』と押すだけで、印象がグッと良くなります。
別れの言葉のスタンプが手元になくても『サムズアップ』や『笑顔』のスタンプなど好意的なものを送ると送られた側は、最後の挨拶まで返してくれたと嬉しくなります。
以上が、めんどくさいラインの対処法です。
よく女はめんどくさいと言われますが、この対処法を参考にしてくださると幸いです。

スポンサーリンク