とぼける人 心理 見分け方

とぼける人の心理の見分け方について

スポンサーリンク

自分の本心や言動について質問をされた場合、とぼける人も中には見られます。
こういったとぼける人は、質問に質問で返したり曖昧な答えをするといったパターンが多いです。
従って、背景にある心理の見分け方が難しくなります。
恋愛シーンにおいては、概して都合が悪い状況で増えてくるのがこのようなとぼける人です。
浮気の際にはもちろんのこと、心理的に心変わりをした場合にもとぼけるという言動が生じてきます。
とぼける人の言動の背景には、多くの場合責任を取りたくないという心理が働いています。
アプローチを仕掛けたのが自分の方であっても、決定的な告白をしていなければとぼけることが可能です。
例えば、男性は結婚や結婚を前提とした付き合いを面倒くさいと感じることがあります。
ですので、自分の気持ちが固まっていない時点で女性の方からプレッシャーをかけられると、一気に逃げの心理に陥るのが一般的な傾向です。
このような傾向は、実のところ多くの男性に見られます。
こういった状態に陥っている男性の見分け方として挙げられるのが、日頃の言動をチェックする方法です。

スポンサーリンク

基本的に面倒くさいことを避けるのが、通常の男性です。
ですので、相手に特別な思い入れがない状態では、積極的な行動は起こさないと言えます。
従って、日常的なシーンで過去の約束などをとぼけるような言動が見られたら、心理的な変化が生じている可能性が大きいです。
とぼけることで、自分も相手も傷つけることなく問題を終わらせたいというのが、こういった場合の男性心理と考えられます。
心理の見分け方をマスターするためには、相手の性格やそれまでの言動を参考にすることが大切です。
心理状態にはかなりの個人差があるため、一つのパターンにこだわると時に重大な問題を見逃してしまうこともあり得ます。
ケースバイケースを基本に、相手の本心を読んでいくことが恋愛においては重要です。
とぼける人に遭遇した場合には、それまでの言動やいきさつなどを振り返って考えてみることが、一つの解決策になります。
このような相手の場合は、問い詰めるのは逆効果です。
却って心を閉ざしてしまうことが多く、関係の修復にも概してマイナスになります。
不要なストレスを与えないことが、一つのテクニックです。

スポンサーリンク