自慢話し 多い男 疲れる 対処法

いつでも自分の自慢話しが多い男、疲れる。その対処法!

スポンサーリンク

自慢話しが多く、此の性格の人は比較的にくどい性格の人が多く見かけます。
こういう男性と付き合う女性の方は、デートの時、ドライブ、部屋での会話、ましてやLINEなどでも疲れが多く、たまにデートなど終わって緊張が抜けて、ほっとすることがあります。
せっかくの楽しいはずのデートなどで、こちらが緊張することも多く、せっかくの美味しい料理まで何を食べたかわからなかった・・・・
などの経験があります。
上記の男性は、比較的に自己中心的な思考が強いタイプの例になりますが、一般的には2パターンに別れます。
@見栄張の自慢男
この自慢男のばあいには、自分の中にスジが通っていない傾向があり、いわゆる去勢に強がりをみせて、自慢することで自分を強く見せたい。自信が無いので、弱みを見せるとぼろが出る人。
自信過剰で、プライドが高く、人の意見を聞かない人もいます。
この手のタイプの人は、自慢することで自分を強くみせたり、自信が無いので常に自慢をすることで、女性より強い自分を作出しています。

スポンサーリンク

但し、このテの人は自分の強がっていたことが、崩れてくると比較的、人間的に弱い傾向があり、最後には起こるキレるなどのように収集がつかなくなる最悪の場合になることも、多くあります。
A単純に女性に好かれたい為、強がる。
このテの人は、強がりも比較的に軽い強がりのけいこうがあり、自慢が一旦途切れて冷静になってみると、弱い男と変わっていしまい、静になる傾向があります。
女性として、@Aどちらが扱いかと申しますとA男のほうが扱いやすいです。
ある意味、聞き手になり、軽く受けてみると、扱いやすい男のパターンになります。
逆にAの男のパターンは、比較的に我が強いので、聞いているだけでは、円滑にすすまなくて男を受け止まるようしないと、機嫌が悪くなるよういぶなります。
どちらの男性にしても、自慢話しが多い人は女性にとってつかれるタイプになりますので、女性に気がない場合にはじっくり考えることも視野にいれてはいかがでしょうか。
自慢話しの性格は、簡単に変わることが難しいので、どこかのタイミングみて考える時間を作ってください。
気持ち的には第三者から二人を見ている状況で考えると、素直な答えが出るような気がします、
頑張りましょう。

スポンサーリンク