めんどくさい口癖 心理 人間関係

めんどくさい口癖の人!なぜめんどくさいと思う。その心のは!

スポンサーリンク

めんどくさい口癖は実は、自分の心の中に色々の思考が入り交じっています。
めんどくさいはただ表面的に面倒だからしたくないという面と、
深層心理的に「やるのが怖い」「やりたくない」「失敗したらどうしょう」などが入り交じっています。
人間手間のかかることや、ちょっとした事でも少しの時間で出来る事なのに、行いたいことと引き換えにする行動がに対して時間がもったいないと思い”めんどくさい”と思います。
それにもまして、行動が「失敗したらどうしょう」「やれるかどうか不安」「プレッシャー」なども入り込む傾向が強くなり、深層心理をより複雑にする傾向があります。
ここのろなかで、複雑になった「めんどくさい」の心理は言葉だけでなく、脳の思考部分に影響を及ぼし、身体的に行動がおこせなくなります。
このような「めんどくさい」の口癖が習慣化してしまうと、最初のうちは難しい事が「めんどくさい」という言葉で逃げていても、次第に簡単なこと、些細な事でまでも「めんどくさい」の口癖が出るようになり、どんなことまでも「面倒」「やりたくない」の思考で支配されます。
こうなると、人はいつのまにか打算的で行動の取れないしこうになり、後ろ向きの発想があたり前になり、心理に埋め込みされてしまいます。

スポンサーリンク

よく言われる「負のスパイラル」にどっぷり浸かってしまってしまします。
こうなると信じれませんが運も逃げていき、良いことがなくなりより殻に閉じこもってしまい、しいては人間関係へも影響が出ることがあります。
「めんどくさい」は暗示的に影響力を持っている言葉でもあります。
”改善方法は簡単にあります。”
人間の心理には先ほど述べたように暗示的なことがあると言いましたが、良い暗示を習慣化してしまえばよいのです。
難しいことからでなく、日常生活の中で簡単に改善方法があります。
まず、朝起きて鏡を見て「今日もお切れてありがとう」の気持ちを言葉にしてみます。
人は、頭が痛かったり、気分が悪かった時など人に今日起きたら気分が悪かったなどは普通の日常的な会話でありますが、今日「起きれて良かった!」などの感謝の言葉は、なかなか言うことがありません。
朝起きて一番の状態で、自分を褒めてあげてください。
言葉で行ってあげてください。
”1日の行動がよくなります。”
次に、些細な事でもやってみる、行動してみることを習慣化します。
そして、言葉も「ありがとう」「やったね」「できたじゃん」などのプラス思考の考え方をしていくようにします。
そうすることで、いつの間にか「めんどくさい」という口癖がなくなった事に気付きます。
次第に、運気も上昇になり、人間関係もよくなりますので困っていたことがあると、友達などから救いの手を差し伸べてくれるようになります。
”「めんどくさい」から卒業し「ありがとう」の感謝の口癖になるチャンスが転がっています。”

スポンサーリンク