見捨てられ不安 めんどくさい女 心理

見捨てられ不安!とめんどくさい女!

スポンサーリンク

「見捨てられ不安!」とは、めんどくさい女と同類的な感情のになりますが、幼年期の成長時期に心の中に作られた”自分の中での思い込み”が原因で、成人になっても記憶の奥に潜んでいる感情です。
めんどくさい女とは、わがまま、彼氏への依存、自己中心的、などわがまま要素のことを表します。
”見捨てられ不安”とは
・私は捨てられる。
・私は見捨てられる。
・見放される。
と言う負担の中をグルグル回っていて心情を表します。
実際の行動としては、

スポンサーリンク

・彼の環境、状況や事情を何も考えず、自分の気持ちを完全に押し付けてしまいます。
・彼への、依存が強く、常に彼の愛情を確かめていないと不安になる。
・彼が見捨てるとの錯覚から、独占的に彼を支配したり、見捨てる心配から嫉妬と疑いの感情を持つ
・不安の感情が強く、感情を抑えきれず彼の関係を壊す行動を起こしてします。
・彼にしがみつき、自分を犠牲にしてまでも彼への異常的に尽くす。
・寂しがり屋で不安との感情との葛藤。
このように、”見捨てられ不安”はめんどくさい女とは少々異なり、幼年期に作られた人格的な不安の位置づけになり、おとなになっていも人格は変わりにくいものです。
このような状態で、恋愛、結婚をしていることもありますが、現実的には困難もあるのが現実です。
但し、”見捨てられ不安”は個人差もありますので、一概に恋愛が無理と言いにくい面があります。
また、人間関係で現実恋愛から遠ざかり常に一定の距離で人との関係を維持しながら生活をしている場合もあります。このように、”見捨てられ不安”は人格的な面で、”めんどくさい女”は感情の面からくるもののために、異なる状況です。

スポンサーリンク