人に合う めんどくさい 心理 対処法

人に合うのが、めんどくさい心理8条とは!

スポンサーリンク

人と会うのによく外交的な人、内向的な人のように表現されることがあります。
外交的な人は、大勢の人とコミュニケーションをとったり、発言したりすることに気落ちすることなく接することが出来ます。
逆に、内向的な人は大勢の中に入ると気落ちしたり、思っていることを言えない、恥ずかしい、などでコミュニケーションをロリにくい正確になります。
その中でも、人付き合いが苦手の為に、人と合うのが”めんどくさい”との心理が働き内向的以上にストレスがたまります。
この人付き合いがめんどくさい・・・の心理とは
・話が下手で、話すタイミングを失う。
・人の話に入り込めなく黙ってしまう。
人と話す時に、色々と話すことを考えているうちに、話は次の話に流れていき話すタイミングをうしない、ついつい話しづらくなり、話さなくなってその場にいることすら苦痛になってくる。
そのようなときは、多くは内容がどうでも良い内容が多く、流れが読めない時は場所を変わるとか、聞いている”フリ”をしてしのぎます。その際に注意が必要なのが「そうですね」、「私もそう思います」などの、意見的な言葉は使わない。
後で、同意権の人とされてしまいますので、注意が必要です。
・自分のタイプと異なる人が多く、浮いてしまう。
これは、開き直りの心理が大切で、異なる人がいることで思考、行動が硬くなってはダメで、その場にいて合わないようであれば無理に合わせなくてもOKです。
頷いている程度で大丈夫で、離れるタイミングがあれば他に移動します。
ある意味自分以外は「宇宙人」と思ってみてください。訳からないことでも不明のため、理解不能で全然OKです。

スポンサーリンク

・他人に合わせることが苦手で、疲れる。
・人の顔色が気になってします。
他人に合わせる事が嫌いならば、合わせしているフリ程度で内容がないことであれば、聞き流してしまいます。
疲れが軽減できまS.
・悪口やうわさ話を聞くのが嫌。
・他に人と一緒にいると、同感の人と思われたくない。
人が集まると、うわさ話・悪口が起きますが、その場に出来る限りいないようにします。用事ができた、トイレへなどへ避難も時には必要です。
悪口、うわさ話を、あなたまでが一緒にい悪者の人とみられるようになります。
特に内向的の人は、標的の人にされる心配がありますので、特に注意です。
・個人的な生活を聞かれる。
話してもいないのに、個人的な過去の話しなど根掘り葉掘り聞かれるようになる。
他人は人の過去や困った時の話は楽しい為に、聴き込んで来ますが、軽く聞き流してどうでもよいことへ話を切り替えます。
めんどくさいは逆に考えると、他の大半の人はめんどくさい思っていますが、なんとか合わせている・イヤイヤ合わせているのが現実です。
あなたも、完全に輪から遠ざかってしまっては独りのなってしまいますので、適度に加わってください。
また、一人でも良いのであなたの心情を理解してくれる人を早く見つけて、相談・一緒に言ってくれる人友人を持ちましゅ。

スポンサーリンク