めんどくさい 人付き合い 心理 対処法

人付き合い!がめんどくさい。 その心理は! どうにかしたい!

スポンサーリンク

人は周りの人と、人付き合いが必要で近所の人、学校、職場、公共の場などがあがられます。
その状況で、人付き合いが面倒と思われる心理には下記の要因があります。
・周りの人と比較される。
人はそれぞれに性格もあり個性もありますが、それを比較されることとで嫌な気分になったりします。
直接的、間接的に伝わることがありより人の大勢にいること自体が気落ちします。
これも自分の中に他人が何を言っているのか、不安からの心配で起きてきています。
人は人ですし、言いたい人は何を言っても言います。
周りの人の中で、害のない人との交流したり、逆に比較したい性格の人は、その人自身が比較されている心配を持っています。そう考えると、比較している人も”そうなんだ”と考えると、自分の中でモヤモヤが軽減出来ます。
・人に合わせることが、嫌になる。
人と合わせることで疲れたり、嫌になってしまうことがある場合に、本当に合わせる必要はないです。
合わないはなしの場合、ある意味適当に聞き入り、特に会話に入る必要性はないです。
周りに他の人がいれば、さり気なくその場から離れてほかの人と接することで、嫌な気分は軽減できます。
合わせなくてはと”力”を入れるのでなく、さり気なく聞いていいる振りをしてその場から離れるタイミングを見つけることをすれば気分的ん楽になります。
・人の顔色が気になる。
人の顔色が気になる事は、自分の中に”この人は自分をどう思っているのか?”を気になっている事や、会話の流れをどのように思っているのか気になり、相手の顔色が気になっています。
顔や、目は確かに表情を見ていると分かる場合ありますが、変だと思えば逆に聞いてみると相手の思っていることが、言葉としてハッキリ聞けます。

顔色だけでは、自分の中の想像・不安からしかないので、さり気なく聞いてみるといいです。
不安は不安をより深くします。
不安より、聞いてみての確認が一番です。

スポンサーリンク

・自分に合わない人がいる。
自分と合わない人がいる場合での人付き合いですが、出来れば避けたいところですが、人付き合いも人間関係では重要な場です。
合わない人とは、引いてしまいますし、喋りたくないですが、話を聞いているように見せかけてあまり聞かないようにする。
相づちのみ程度ですます、話の話題を自分の得意なことで話題を切り替えて自分の中でのイヤイヤ感を軽減させて負担を削ります。
・悪口やうわさ話など、どうでもいいことを聞きたくない。
うわさ話や内容のない話題は聞きたくないのは皆同じです。
用事や他の理由をつけて、出来る限り話題の中には入らなようにします。
・人の生活内容を探ってくる。
・人の生活リズムを乱される。
他人は人の生活の中に入りたがりますが、聞かれる方は良い気分にならないので、聞かれてもとぼける方法、適当に合わせた返事をすればいいです。
・人と話すことが苦手。
話をすることが苦手で、何を話せばよいのか分からないとある意味苦痛です。
でも、世間で”聞き上手”という言葉があるように、聞き手に回るという方法もあります。
話の話題についていけ場合でも、無理して話ことよりも、一生懸命に話を聞いて上げることも、聞き上手の道です。
その時は必ず、あいての目を見て話すことをわすれないようにします。
まとめ人付き合いのキーワードとして

自分軸で接する
相手を気にしない
言いたいことをはなす
自分を責めない
開き直る
人に合わせすぎない
話す相手を選ぶ
がありますので、上記のことを頭に入れた上で接すると、嫌な気分にならない。
聞き上手に徹しましょう。

スポンサーリンク