彼氏 喧嘩 めんどくさい 心理 対処法

彼氏と喧嘩! めんどくさい7つの心理と対処法とは!

スポンサーリンク

男女間において喧嘩は起きることはたまにありますが、場合に喧嘩することで仲が良くなると聞きます。これは喧嘩することでお互いに普段の感情では言えなかった事を感情に任せていうことで、普段言えなかった事を言い、思っていることをお互いが理解できるいい面もあります。
でも喧嘩することで、男女間がまずくなり修復がし難い事あります。
彼氏との喧嘩で何が影響
・根が暗い、ネガティブ思考。
普段より何を考えているかわからない時や、一つ上手く行かなかった時などに落ち込んだりした場合に、回復までに時間がかかるために、女性から見ると”めんどくさい”と思えてきます。そうすると会話も少なく男女間でストレスが発生しますが、女性は、この負のストレスに付いて行ってはダメです。
聞き流します。
気に流しながら、時折優しい言葉をかけます。母性本能という女性の力を利用します。
こういう時は、時間薬も重要なポイントです。
・すぐキレる、すぐ態度に出る。
細かの事や些細な事で、キレる彼氏、急に態度が豹変する彼氏。
これは少々難しく、こういう時は頭から押さえるずに、穏やかに話して何がなのがを諭す要領で話して気を位置つかせるこ事が先決です。これも母性本能を活かすと効果的で、根気よくなだめる事が重要です。

スポンサーリンク

・優柔不断
自分の意見をコロコロ変えてみたり、ハッキリしなくて、とりとめのない状態は疲れます。こういう時は、彼氏を彼女が引っ張っていくことがスムーズに進みます。この時ハッキリものを言わないのが本心なのか、わざとなのかを見極める必要もあり、わざと煮え切らない場合は、少し様子を見ながら女性がハッキリするキッカケを作るのがベストです。
・彼がマザコン男
マザコン男の場合、母親と彼女との比較であったり、母親依存が強いのでこの点を指摘すると男性の感情をさかなでしますので、注意が必要です。マザコン男は母親の環境が触れてほしくない部分なので、聞き流している状態でよいです。
・嫉妬深い
嫉妬深い男性は常に不安の位置にいるために、女性を自己所有のような独占的な環境に置きたい性格です。度が過ぎる場合は別ですが、嫉妬深い点にスポットを当てて女性が話しをすると感情的になるケースが多いで、さり気なく身の回りの件など影響のない程度の話しをする、メール、LINEなどをしてあげる効果てきです。
嫉妬深い男性は、逆に男性の話を聞いてあげるのも効果てきです。
・女性に原因がある場合
女性に原因がある場合は、先に素直に謝り、理由などを聞かれない限り、言い訳・理由はなるべく言わないのがよいです。ごまかしたりしていると勘違いされるケースがあります。別れた後に、メール・LINEでさり気なく謝るのも効果あります。
<ポイント>
意地をはってお互いに引くことができなくなる状況は避ける。
素直に謝るがベスト。
短時間で仲直りがよいです。
気まずくなったら意地をお互いにはらず、時間をおいて冷静に話をします。
※喧嘩を損することがあっても、得することはなにもないので注意します。

スポンサーリンク