めんどくさい友達 対処法 心理

めんどくさい友達の対処法。

スポンサーリンク

めんどくさい友達、学校、アルバイト先、仕事先、サークルなど様々な場所で回りにいます。
くどい、わがままな、自己中心的。
やたら人の私生活に入り込んでくる、一言おおい、無責任発言でかきまわす。
プライドが高く他人と比較する、悪口が多い、うわさ話が多い。
など厄介な事が多い周りの人になります。
では、この用なめんどくさい人の対処法と距離をおくための方法を紹介します。
効果的なことは、めんどくさい人とは、出来る限り合う機会を無くすることです。
めんどくさい人とは、ある意味影響力を持っていて、周りの人を巻き込みますので、接点を持たないのがベストですが、職場・学校等が同じであったり、完全に避けることは出来ないと思いますが、出来る限り接点をさけることです。

スポンサーリンク

接点が避ける事が出来ない場合は、単独での接点を避けて複数で接点をもつようにします。
めんどくさい人は、複数の人との交流している場合、害のない程度の話の内容のみになりますので、お勧めです。
話す機会が合った場合などには、軽く聞き流して相づちを打つ程度の返事にしておきます。
ここで注意ですが、完全にスルーしてしますと、この人聞いていないと逆に批判や矛先が自分にきたりしますので、注意が必要です。
返事も、めんどくさい人の意見に同調して返事を返すと、同一の意見者として見られるようになりますので、注意が必要です。
最近のSNSでのツイッター、フェイスブック、LINE等でも可能であればスルー、未読がベストですが現実に出来ない場合は最低限の返事にとどめ、回答も曖昧な返事で止めておきます。
曖昧で相手が確認してこなければ、会えてこちらから連絡を取りません。
他に注意しなくてなならないポイントとして、自分の私生活の話題には触れないようにして、私生活の話題をふられたら話の話題を変えた内容にします。
特に恋愛の話題、職場・サークルなど個人にかかる話題は禁物です。
めんどくさい友達は、避けれるのであればベストですが、出来ないも神経を使いながら話さないと危険です。
自分個人だけに収まらない可能性がありますので注意です。

スポンサーリンク