めんどくさい 病気 人間関係 対処法

人間関係がめんどくさい! 心の病気!

スポンサーリンク

人間関係がめんどくさいと思っていると、憂鬱になっている部分があります。
これって、確かに疲れや人間関係が上手く行かなくて少々疲れ気味になっている信号です。
仕事が手に付かない。
同僚・友人にあるのも少々気が乗らない。
外出するのも、気が乗らない。
食事を作るのも、めんどくさい。
掃除・洗濯も億劫である。
メール・LINEの返事をするのも気が入らない。
などの気持ちが先にきてしまい行動に行けない現状があり、これはストレスの病気です。
確かに肉体的に疲れからきている場合もあります。

スポンサーリンク

肉体的では疲労は体力の回復で改善することが出来ますが、精神的な面やストレスからきている行動が取れないめんどくさい病気は、ちょっとした事で実は改善できます。
実は自分の中で、ついつい無理をし続けることでストレス・疲労・マイナス思考・他人への責任転嫁などをおこしています。
具体的に無理しすぎる・・・・
・無理の基準を現状の状態から、いつの間にか引き上げていませんか。
・普通だったらここまでのであろ、他人の視線を気にしすぎるが故に基準があがっている。
・感情的を殺した他人基準、他人の視線を気にしすぎる面で気持を押さえてしまっている。
など、実は考え方を変えてみると、かなり楽になります。
まずは、一時的自分を甘えさせてみる。
自分を甘えさせることが、実は悪いことのように思われがちですが、人それぞれ考え・思考の基準も異なります。
実は、感情を抑えている場合などは、こうあるべきだ、みんなが同じようにするのだから自分も同じようにするという考えから抜け出して、立ち止まることも時には必要です。
「サボって行けない」、「怠けては行けない」など聞きますが、あらためて考えるとどこの基準をもって決めているのでしょうか。
これって、他人軸であり自分軸でないですよね。
人間って、眠い時に無理して起きていて考え事しても上手く行かないように、休憩でなく充電時間として立ち止まる事は決してわるいことではないです。
立ち止まって見ることで、思わぬ発見が出来ますので是非チャレンジします。

スポンサーリンク